2017/09/08


今日はなんとか曇りです!よしよしっ


昨日は早出のため食べれなかった朝ごはんをいただきました。
どこで食べるときかれたので、ロビーを選択。部屋はベランダだったら寒すぎる。。

DSC03691

定刻に部屋の外にでたらちゃんと用意がされてたよ!
気になってたロシアンパンケーキ

DSC03693

パンケーキっていうかクレープだね。

サラダは豆かフルーツか選べたのでフルーツで。
サワークリームをのって食べるようです。
シンプルな味付け~

ドリンクは事前にコーヒーか紅茶か聞かれて、私は紅茶、友人はコーヒー。
そしたらコーヒーにミルク4つも添えられてた、いらないwwww

代わりに紅茶にはなかったという(ストレート派だけど)

結果、同席になった英語圏の老夫婦にわけてあげました(笑)



紅茶は二種類。

DSC03694

GreenTea はやっぱり緑茶なのか??
と思ってBlackTeaにしときました。

昨日のレストランでも思ったけど、カップとソーサーに
ペーパーコースターを引くのがはやってるのかも??
でもこれかわいいし、カチャカチャしないしいいなぁー

DSC03592

↑レストランではこんな感じで皿と皿の間にひかれております。


今日はこれから郊外のエカテリーナ宮殿へ向かいます!

最初は現地のバスツアーに乗ろうかと思っていたのですが、
英語ツアーは大体2時くらいからと時間が限られている上に5時間も滞在することになるので
パパっと行って帰りたい私たちには向かなかったので、自力で行くことにしました。

公共交通機関避けるんちゃうんかいというツッコミは聞きません(笑)


というわけで、まずオンラインにて事前にチケットを購入しておきます。
1週間前までしか販売してない可能性があるので、確実に行く人は早めにチケットを抑えときましょう。
ちなみに火曜日はお休み。
混み具合によっては当日チケットがない場合もあるので、やはり事前予約がベターかな。

チケットセンターはこちら⇒
http://tkt.tzar.ru/en/

チケット2

日付を入力して自分の行きたいツアー内容の横のBUYから進みます。
in stockはたぶんあと何人分とかそんなことかな??

ちなみにコース内容は【コチラ】から確認できます。

基本的には建物ごとのチケットなんですが、ハイシーズンと祝日は混雑のため
見学コースが固定されます。
私は「Catherine Palace historic interiors」を申し込みましたが、
宮殿内だけ見るなら別にそれで問題ないかなと思いました。
どこが見れるかは記事内で確認してください!


ちまみに宮殿入場は1500P
るるぶに載ってた入場料は580P


めっっちゃ値上がりしてる( ゚Д゚)



あまりにも値段が違いすぎてこれであってるのか、英語堪能な友人に確認してもらったよね。。

ロシアは最近観光に本気を出してきたようで、商売としてどんどん値を釣り上げているようです。
ちなみに多くの施設はロシア人料金とツーリスト料金とで値段が違います。

ぼってくるぜーーーー。



脱線しましたが、Buyに進むと電話、名前、メールアドレスの入力画面にいきます。
そこは雰囲気で進んでください(笑)
購入が終わってしばらくするとバウチャーがPDFで送信されてきます。
あとはこれをもってカウンターで引き換えてもらうだけ!


ちなみにエカテリーナ宮殿は英語でいうと「Catherine Palace(キャサリン パレス)」
になります。エカテリーナはロシア語で、英語でいうとキャサリンらしいよ。
でもバスなど現地でよく使われているのはコレです。

ツァールスコエ・セロー(Царское Село)

これは貴族たちの避暑地になってた時代の古い名前らしいです。
転じてエカテリーナ宮殿に限らず、他の宮殿や公園など、この地域一帯をさす言葉になってました。
だからこれを叫んでいればOK!(笑)

ちなみに現市名としてはプースキン(Пушкин)
ただ市の名前なので、観光スポットをさす名前ではないです。そこは要注意。
観光客がプースキンと叫んでたら大体宮殿かと思われるけど(笑)

それでは単語も覚えたし(一応メモ帳にロシア語で3つとも書いておくと安心)
宮殿へ向かいます。


行き方ですが、電車からの乗り合いバスマルシュルートカで向かいたいと思います。

地球の歩き方にはモスコフスカヤ駅から向かうみたいな記載がありましたし、
割とほかのツーリストもこの駅から向かっているみたいなんですが
いかんせんマルシュルートカの場所がわかりにくいらしい。

それに崇拝しているグーグルMAPはこのルートをさしていない。

やめよう。


結果私たちが採用したのはグーグルMAPで一番行き方がシンプルだった
クプチノ駅から行くことにしました。

このクプチノ駅は歩き方推奨のモスコフスカヤ駅と同じ2号線で、2駅先にあります。

というか、むしろこの駅が終点です!
なので駅数をカウントすることも、停車駅の名前を確認することもいりません。
終点でおりればいいんです。

わかりやすい(*''▽'')



2号線の駅がカザン大聖堂の横から出てるということで、そこまで歩きます。
地図的には近い気がするけど地味に徒歩15分なんだよなー。。。

たびがっぱ用_170911_0070

なんか音楽聞こえると思ったら、なんかの式典やってる。なんやろか??

カザン大聖堂をもう少しまっすぐ進むと地下にもぐる階段が出てきます。
駅名は「ネフスキー・プラスペクト」
ここから電車でクプチノまでは1本です!


ロシアの地下鉄は1回いくらという料金体系なので、どこまで乗っても値段は一緒です。
そして切手の代わりに購入するのがこのコイン、ジェトンです。

たびがっぱ用_170911_0076

1回45Pだったかな。これも値上がりしてます。。
これを改札の自販機みたいな穴に入れたらゲートがあきます。

買い方としては自販機がありました。

たびがっぱ用_170911_0078

英語変換ちゃんとあったよ!!

注意してほしいのが、この自販機2種類ありました。
見た目は同じなんだけど、画面に「カードの絵のみ」「カードとコインの絵」のふたつ。

ろっしあ_170911_0415

カードの絵のみの機械ではジェトンは買えませんでした。
そういう意味のイラストっぽいので、コインつきの機会を探してください!
一番下のボタンがジェトンの購入ボタンです(^^)/

改札を通ってまずビックリなのが、このながーーーいエスカレータ

ろっしあ_170911_0356



底が見えない('_')

サンクトの地下鉄は世界で最も深いところを走っているそうです。
なんと運河の下!
何かあったときの防空壕としての役割を果たすということと、さらに複雑な地形が相まって
ほとんどの駅がすごく地下に作られているそうです。


しかし高所恐怖所からしたら地獄やで、このエスカレータ・・


クプチノ駅までは25分9駅で到着します。
ちなみにこのネフスキー駅の次の駅がテロのあったセンナヤ駅…ソワソワ



最初に乗車した駅は普通の作りだったのですが途中で経過する駅が、衝撃。
トンネルの中、電車の扉の位置だけ穴がくりぬかれているようなデザイン。
なので、ドアから外を見ない限り、景色がさっぱりわからない


つまり駅名がわからない



全部の駅がこうではないのですけど、油断してたら今がどこかわからなくなる。。


これはますます終点駅で良かったのでは!!!


そしてここでとっっても素敵なエピソードがあったのです。
これは帰りにこっそりとった電車の中の写真なんですが

たびがっぱ用_170911_0093


つり革が高い(欧米あるある)


こんなもん身長150cmの私が届くわけない。


まぁ、いつものことなので、ほら届かないよ~(笑)みたいなおふざけをしてたら
前に座ってたロシアンが「ここ座り」って席を譲ってくれました!!!!!!!


え!!!やさしい!!!!!


普通目の前で病気でも怪我での妊娠でもない若者に席ゆずる!?

譲らないよね!!!!!


やさしい、ロシア人(ΩдΩ)

こんなに外国人に親切にされたことない(ΩдΩ)

きれいな青い目をした男性でした(*´∇`*)



しかしこれ譲ってもらって大正解・・・
車も飛ばすけど、電車もすっっっごく飛ばす。
スピードでいうと地下鉄だよ?地下鉄なのに特急か新快速に乗ってる気分。
めちゃくちゃ早い。そして揺れる。

あと空調などというものはないのですが、電車の上部に通風孔が設けられていて、
走ったら風が入ってくるシステム。
トンネル内の空気が。


空気、悪い(;゜;ё;゜;)


ロシアで住んでると喉強くなりそうやで、ほんま。



結構な混み具合だった電車ですが、歩き方推奨のモスクフースカヤ駅でみんな降りていきました。
結構多いな駅のようなので、そりゃマルシュルートカ探すの時間かかるわ。。

そうこうしてる間にクプチノ駅に到着。
出口はどこから出ても同じ駅前広場に出れるみたいなので、どこからでもOKです!

降りたらそこにはたくさんのマルシュルートカが並んでいました。

ろっしあ_170911_0412

マルシュルートカはこんな感じのマイクロバスです。

たびがっぱ用_170911_0089

さぁ、どれに乗ればいいんだろうと思っていると、
運転手さんが「ツァールスコエ・セロー?」って声をかけてくれました。

そしたら目の前に大量に同じ路線番号のマルシュルートカが。
バスの側面にちゃんと「ツァールスコエ・セロー」って書いてる!

よし、乗ろう。


たびがっぱ用_170911_0081


え、駅降りて瞬間にバス発見して、こんなあっさり乗れるものなの?
まったく難しいことなかったぞ、マルシュルートカ。

運転手さんに100Pを二人分と言って渡したら20P戻ってきました。
つまり一人40Pか!

降りる場所を教えてもらうべくとりあえず運転手の真後ろ、ドアの一番近いところを陣取ります。

大体40分くらいで到着しました。
途中で学校っぽいところ(レニングラード州立大学だったみたい)でとまったり、
きれいに整備された町中を走ったり、
大きな駅(ツァールスコエ・セロー駅だった)を通過したり。

景色見るのも楽しい!!


ちなみに料金を渡すタイミングですが、結論いつでもいいみたい。
乗ったときでも降りる前でもいいし、極端停止中じゃなくても運転中でも渡してOKみたい。

ながらスマホどころじゃねぇ。



そしたらいつの間にかついたらしく「ツァールスコエ・セロー」とドライバーさんが言ったので
降りてみました。
すると右側に公園があったので、あれちゃうかと向かってみる。
公園前の大通り、ふと右側を見たら・・・

DSC03695

なんかキンピカ!!!

あれやろ!!!



歩き出す←勘


DSC03696

絶対コレやーーーー!!!!!

大変キンピカです。
ほんまロシア建築かわいい・・・・

歩いてる最中にチケットカウンターのようなものがたくさんありましたが、
事前予約はここではないらしい。
バウチャーを見せたら奥奥って指さされました。

奥に進んでいくと、なんか演奏していたよー!

DSC03700

写真を撮ろうとしたらCニーズの皆さんが何故か隣に立ってwith写真を撮りだしたり
なーーーぜか前面に出て踊りだしたり、すげえ国民性・・・

この奥のゲートが入場ゲートのようです。
その隣にチケット引換所がありました。

DSC03697

ただ個人チケットは12時までチケットカウンターが受け付けてくれないので、
今から1時間ほどブラブラして過ごすことにします!

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!
是非フォローお願いします❤

twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111



こちらでライターとしてもお世話になっています(^^)/


立ち寄られたついでにぜひともポチッと(^◇^)


にほんブログ村