フォトジェニックな国、シンガポール⑤ 


2017/09/24

TWGでアフターヌンを堪能し、ゆっくりしていたところちょうど良い日の入りの時間になりました!
移動はタクシーを乗ってもよかったのだけど、まだ30分ほど日暮れまでは時間があったし、
ちょっとタクシー移動ばかりもつまらなかったので歩いてシンガポールフライヤーまで向かいます。
大体15分強くらいだったかな??

本当にこの道でたどりつけるんやろうな・・・と思いながらホテルとモールの間の道路の横をテクテク歩きます。
そしたらちゃんと車道橋の横に出てきた人間様専用歩道!!!

DSC04179

さすがシンガポール。ただの陸橋すら手を抜いてません。
モダンアートかと言いたくなるようなオシャレな橋です。

ヘリックスブリッジという名前もあるみたい。


正面に観覧車が見えてますねー
あれがシンガポールフライヤーです!



ちなみに振り返るとマリーナベイサンズ(^◇^)

DSC04182


そして日暮れ時ということでこの橋からみる対岸のビル群が絶景でした!!


DSC04180


徐々に夕焼けに染まってきている~~~

右端のカラフルなものはスポーツ観戦施設っぽいです。
芝生がフィールドで横が観客席かな。

そういえばシンガポールはF1レースもやっているそうですね!!
ところどころにF1用の照明が設置されていました



そうこう橋を渡ってるうちに夕日は本番!!

DSC04184

キレーーーー!!!!


水面と高層ビルとアジア独特の空に夕焼け。
この橋、渡って本当に良かった。。
最高の夕日VIEWポイントです。
(しかも全然混んでない!!)


連絡通路を渡り終えるともうフライヤーのおひざ元です!
これにのるよーー!

DSC04187

本当は夕焼けとライトアップを観覧車から見たかったんだけど、
完全に夜です(笑)

橋の上から見れたから満足だけど!



遠景からみるマリーナベイサンズもきれい。
やっぱ形も独特だし、周りにビルがなくて独立してるから目立つね!

DSC04185

DSC04186

車に乗るとこの道をいきますー。
道路の右側に見えるアーチが今通ってきた歩道ね。



シンガポールフライヤーの乗り場は1階がフードコートになります。
なんだか少し独特な雰囲気。
ちょっと西海岸っぽいよね。

DSC04188

奥に見えるのがガーデンズバイザベイのスーパーツリー。
夜につきライトアップがはじまりました!


で、チケット売り場ですが実はちょっと迷子に(笑)

まずこの建物ですがドーナツのような形をしていて、真ん中が小さいパークになってます。

見上げるとそこには観覧車!
そしてドーナツから渡り廊下が伸びている!
ということは乗り場は上か!!!

と思うじゃないですか。


チケット売り場1階にあります。


まず向かって左側に向かうとチケットカウンターが。
そこでチケットを購入します。
結構高いですよ、$33(2800円くらい)
観覧車にこの料金だからけーーーっこう悩むお値段です。

でもね、なんと$69を出せば中でディナーをすることもできるそうな!!
(その場合は2周乗れます)
まさかの観覧車の中でディナー。
いや、確かに絶景だけど、斬新だなぁ、、、



まぁ、それは良いとしてチケットを手に入れたらすぐ真横のエレベータを2階まで登りましょう。
そして右側に進んでいくとチケットゲートがあります。

この建物アミューズメント色がつよくて、他にも体験型の展示ギャラリーや航空機のデモ操縦とかの
アトラクションが入ってたりするので騙されないように気を付けてください。
(まぁ人が多いところがそうだよ<笑)


すると中でしばらく科学館のような展示が行われています。

DSC04189

DSC04191


この段階で完全に夕日は間に合わないことを理解する( ;∀;)


そしてもはやお約束になったグリーンバッグでの写真撮影!!


その後ようやく乗り場へと続く廊下へと出ました。
あー長かったーーーー

DSC04195

シンガポールフライヤーはこんな感じの円筒型。
そして結構な人数が乗り込める大きさです。

つるされているのではないく軸がゴンドラの周りを回転するように支えるので揺れはまったくありません!
そしてセンターにはソファが完備(*´∇`*)

1周は大体30分で、これは世界で2番目に大きな観覧車だそうです!
1位はテーマパークのキング、ラスベガスだよー


DSC04193

先ほど話をしたディナー用ゴンドラ。

白いクロスがかかるほどの本気のディナー・・・
ちなみに6卓ほどあって、シェフも同乗です。
そのほか貸し切りもできるみたい。
一体いくらになるのやら・・・


さぁ、どんどん上に上がっていきますよーーー

DSC04199



しかし、ここでワタクシ、




あることに気が付いた。



竹取のシンガポール_170928_0105


高所恐怖症だった( ゚Д゚)


↑座り込む人


決して真ん中のソファから動きもせず、しゃがみ込む私。


友人「え?お前が乗りたいっていったんじゃなかったけ????」

はい、言いました!!!!!!!!

だって毎年欠かさず見てる劇場版コナンの恒例エンディング「ドローンによる実写映像」の舞台が
シンガポールフライヤーだったんだもん。。。。。
(人はこれをオタクによる聖地巡礼という)




あああああ怖い怖い怖い怖い

しかしカメラだけはと友人に預ける←

これはそんな彼女ががんばってくれた写真たちです(笑)

DSC04212

DSC04209


このころ、わたしは完全にソファ(床)しか見つめられず←


少しずつ慣れてきたころに、ようやく鉄橋の写真だけは撮れるようになった!



DSC04214

DSC04219

DSC04223


視界が鉄橋で遮られてる状態ならいける!!!!!(なぜ乗った)


そしてここでついにトップへ。

ここでどーーーーしても撮りたかった写真があったのですが、
まぁ立ち上がれないので(←) 二度目の友人に託す。

DSC04247

これ!!この写真がほしかったの!!

シンガポールの夜景とゴンドラが写った写真!!!トップだから撮れる!!!
ありがと~~~~~~~



さぁ、あとが下山のみ・・・(白目)

降りるだけという安心感か、ここで私はあることに気が付きました。



ファインダーだけ見てたら大丈夫なんじゃね????


ファンダーだけ見てたら高いとかじゃなくて「写真」として見れるからいけるんじゃね????



そしてカメラを構えたままジリジリ窓ににじり寄る様子のおかしいジャパニーズ(笑)

(これがインスタにある本当の「#ファインダー越しの私の世界」^p^)



DSC04272

DSC04245



撮れたドーーーーー!!!!!!!!(むせび泣き)




やった・・・やりきりましたオカーサン・・・・

(繰り返し言いますがなぜ乗った???????)


こないだから何故かつり橋は渡るし

突然のキャンプ_170807_0091

参照



そのあとは屋根の上歩くし

ろっしあ_170911_0310 のコピー

参照


いや、ほんとそろそろ自分が高所恐怖症だということを脳裏に焼き付けたほうがよいですよね・・・
なんだったらこの数か月で悪化した気すらするよね、ヒエエ!!!

当分高いところは良いです。。。。( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)





☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

立ち寄られたついでにぜひともポチッと(^◇^)


にほんブログ村