はーい、こんにちは旅がっぱです!


いまだにタイトル案が浮かばないのでこのまま突き進みます
〔比べてみまSHOW〕のコーナーです!


前回、
【海外旅行ガイドブックどれを選ぶ?~比較編~】
という記事を書かせていただきました。



海外旅行ガイドブックを10個ほど、特徴別に紹介させていただきましたが

じゃあどれを選べばって話なんですよ!!




DSC_1008




これについてはですね、正直好みです。(元も子もない)



実際は、やはり本屋で手に取ってみるのがベストであるのは間違いないのですが、
とはいえ指標として、
今回も独断と偏見にまみれた私の旅スタイル別オススメのガイドブックを紹介します!



まず、旅行スタイルといっても、どんなもんでしょうか。

ざっくり以下のように分類わけしてみました。



☆パック旅行 ~添乗員付き~

日本旅行などにある、とにかくくっついて行けば良いだけの旅行プランです。


☆パック旅行 ~添乗員なし~


HISなどによくみられる航空券とホテルだけがセットになったシンプルな旅行プランです。


☆完全個人手配の旅


航空券もホテルもそれぞれ別途、自分でチョイスして予約するプランです。


☆バックパッカー

旅の最終形態、バックパックです!



この中で最後のバックパッカーを除き、とりあえず一番買うべきなのは「るるぶ、もしくはまっぷる」です。
これは不動。

何故なら旅行はまずテンション!!!
この景色キレ~~!!こんな場所あるんだーーー!!をまず入門編として知るのには大切。

なのでこの二冊については除外してランキングを付けさせてもらいます。


るるぶとまっぷるの違いについてはコチラに詳しくかいてますよ~
「るるぶ VS まっぷる」どっちを選ぶ!?




 ☆パック旅行 ~添乗員付き~ 


まずこちらの特徴ですけど、レストラン・土産屋・観光地の情報など
あらゆることを確認する必要がありません!!
全て添乗員が案内してくれます。

なので情報は最低限でOK。
正直るるぶ・まっぷるだけでも全然旅立てます。

ただ移動中にちょっと読みたいとか、何か持ち歩きたいな~というとき。
最重要なのは情報量よりポータブルさ!

というわけでオススメなのがこちら。

①地球の歩きPlat
②ララチッタ
③タビトモ


全てコンパクトで持ち運びにはベストサイズの薄さです!

ただこれ1冊でフリー旅をするのはオススメできません。
でも半日だけ、晩御飯だけのフリータイム程度なら、
地図やレストラン情報も載っているのでノー問題!

もし完全にフリーがないのなら、最小サイズタビトモ1冊でもOKですよ。

逆にオススメしないのが「トラベルデイズ」や「空旅STYLE」。
情報量が多すぎて持ち運びには不便。
しかも、「こんなとこもあるのに行けないのか!」ともやっとの元になります。

ツアー行程が決まってるなら、入れる情報量は最低限のほうがモヤモヤは回避できるかもしれません




 ☆パック旅行 ~添乗員なし~ 


これに関しては主観として、アジアに行くか、ヨーロッパに行くかで本が変わってきます。


まず台湾・韓国・香港・シンガポールなどをはじめとするアジアのTHE観光大国

治安が良いことでも有名で、海外初めてさん向けの国。
そもそも添乗ツアーがあまり出ていないレベルの国。
こういう国もるるぶ1冊で大丈夫!!!

交通手段もお店も、日本人観光客に慣れているので、網羅系の観光ガイドは必要ありません。
美味しいお店とかはむしろネットのほうが確かかも?
自分の望む旅スタイルのガイドブックを選びましょう。

①まっぷるmini
②ララチッタ
③ことりっぷ


ここでも重要なのは持ち運び。
そして女子旅にも向いている国のため、特集ページが多くて意欲をそそる本がオススメです。
ただ自身で歩くので、地図が細かく載っているガイドブックがオススメです。

そしてオススメしないのが「地球の歩き方」
情報量は多いわ、特集ページはないわ、ぶっちゃけ疲れます。
入門国にこの情報量は必要ありませんので、もっとフランクな本で旅立ってください!



逆にヨーロッパなどほかの国。


ここでいきなりオススメ本がかわります。

①トラベルデイズ
②空旅STYLE
③地球の歩き方


一気に網羅系本のラインナップです。

看板はオール英語、もしくは現地語のみ!
道を聞くには英語能力が必須!!

また、入門国ほど丁寧に案内板がありません。
チケット販売所はどこなのか、定休日はどこなのか、お土産屋はどこにあるのか。
電車の路線図、バスの乗り方。大切ですね。

事前にしっかり情報を収集できるガイドブックがおすすめです。

とはいえ、最強なのは地球の歩き方。
でも、娯楽のない本なので読むのが疲れるんですよね。
切り離せる地図の付録もありませんので、3番手となりました。



 ☆完全個人手配の旅 


実はフリープランと大してオススメポイントは変わらないのですが、
あえて言うなら、お宿選びの参考に地球の歩き方がオススメです。

①地球の歩き方
②トラベルデイズ
③空旅STYLE


情報量はダントツ1位な地球の歩き方。
ホテル情報もどこよりも載っています。

また少し端のホテルにとまった場合でも、ちゃんと地図上でカバーされています。

個人手配に挑むくらいの玄人さんなら、きっと娯楽がなくても読み込めますよね?
そういう意味を込めて地球の歩き方を1位にさせてもらいました。




 ☆バックパッカー 

もうここは1択です。
地球の歩き方を図書館で借りて、PDFで持っていきましょう。
荷物は最低限。ガイドブックはもっていけません!!

記事の趣旨とは違いますが、情報はネットか現地収集でがんばりましょう!




以上、旅スタイル別のガイドブック紹介でしたー!

これ以外に、是非るるぶを買ってほしい理由の一つが付録マップです。

地球の歩き方のように地図が切外せないパターンがガイドブックでは多いので
持ち歩けないサイズを購入されるなら、地図だけるるぶを採用するのがベストです。

毎年のように更新されているるるぶなら、地図も最新版ですからね!
安心です!


複数持ってくのは重いわ~、おいとくのも邪魔だわ~、という方は
Kindleとかで結構電子書籍版出してるところ多いのでそっちもオススメ!




ちなみに地球の歩き方は、周辺国を包括していたりと不要なページが多いのが難点。

わたし、たまに引きちぎります(ニッコリ)


DSC_1006



もし、旅行スタイルにお悩みの場合。
こちらの記事を是非参考にしてみてください!




☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!
是非フォローお願いします❤

twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111



こちらでライターとしてもお世話になっています(^^)/


立ち寄られたついでにぜひともポチッと(^◇^)


にほんブログ村