どうも、旅がっぱです!

今回の〔比べてみまSHOW〕は、旅行プランの選び方!

前回旅行スタイル別のガイドブックの選び方の紹介をしました。
(記事はコチラ⇒http://kappp.blog.jp/archives/1068522029.html


でも、ここで根本的な問題ですが。

そもそもフリープランがいいの??添乗員付きプランがいいの???


どちらを選ぶのか!
それぞれのメリット・デメリットと、個人的にオススメの旅行会社を紹介していきます☺


※添乗ツアーは添乗員、もしくは現地ガイドが一緒に旅をして周るプランのことという意味でお話しします!


white-male-1871362_1280




添乗ツアーのメリット

①移動手段に困らない


添乗ツアーの最大のメリットは「移動がバスで行われる」ということです。
長距離で飛行機に乗ることはありますが、基本的には移動はバス。
つまり公共交通機関を利用する必要がないんですね。

日本でもそうですが、どこに行っても交通網がしっかりしているかと言ったら、そんなことありません。
1時間に1本しかない電車、余計なところも周回する乗り合いバス。
もしくはタクシーでないといけないようなハテに観光地があることもザラです。

でも添乗ツアーなら何も苦労なく、一番近い場所までバスが送ってくれます!
長距離歩く必要がありません!
ついでに買ったものをバスに置いておくことも、時には可能なので、持ち歩く負担が減りますね。


②長蛇の列なんか関係ない


有名観光地に行くと、チケットを買うにも、入場するにも長蛇の列ということが本当に良くあります。
でも団体客は専用入り口からスイ~と。
これが添乗ツアーの最大の魅力かもしれません!!

朝イチで行かないとチケットが取れないような観光地の場合。
添乗員さんが代わりに朝イチに並んでチケットを取っておいてくれます。
待ち時間最低限で観光できるというのは、体にも気持ちにも優しいですよね。



③プラスアルファなお話がたくさん聞ける。


これは添乗員さんのポテンシャルにもよるところが大きいのですが、
大体移動中、どの添乗員さんも退屈させないようにとお話をしてくれます

ガイドブックを読み込まないとわからないような成り立ち・歴史から、
へーそうなんだと驚く国の文化まで。

沢山の国を訪問している添乗員さんになると、過去の旅行先の話をたくさんしてくれます。
それこそこんな旅ブログの内容を、講演会していただいてる気分です!
次の旅先の相談や、過去の珍事件や、色々面白い話がきけますよー。


④2ショット写真がいっぱい手に入る。


国内ならまだしも、海外で写真を通行人にお願いするの、結構勇気いりますよね。
でも添乗ツアーなら大丈夫!
だって、ガイドさんが撮ってくれますから!!

ガイドさんが忙しいときでも、ツアー客同士で撮りあいをしたり、
ここぞという2人の写真はたくさん残すことができます。



添乗ツアーのデメリット

①観光時間が短い


添乗ツアーの一番のデメリットは、これではないかと思っています。
多種多様な観光地を巡るため、現地での滞在時間は比較的短め

立ち止まってじっと眺めてみる。
ぼーっとその地の空気を感じてみる。

そういった時間があまりとれないのが正直なところ。
フリータイムもあるにはあるのですが、15分や長くて30分なことが多いです。
団体行動の手前、あまりギリギリになるのも好ましくないと考えてしまう日本人性もあり、
さらに短くなってしまいますよね…。

その理由の最たるものは、トイレ休憩の多さ!
何人もが団体行動するからには、トイレのタイミングも人それぞれ。
トイレに行けるチャンスがあれば必ず休憩、そして大人数が一気に向かうため混雑。

自由行動が15分なのに、トイレ休憩が10分もあったとかザラに起こります。


②食事が微妙なことが多い


お金をかければかけるほど、これに関しては解決する問題ではありますが
とはいえ、ツアーにおける食事は「美味しいか」ではなく「都合のよいレストランか」にあります。

ホテルはグレードを事前に公表しますし、観光内容も同じです。
じゃあツアーにおいて最も儲けを出しやすいのがどこか。それが食事です。

考えてみてください。
美味しくて安い店が大人数を受け入れるほど空いているでしょうか。

でも美味しくて高い店にすると予算オーバーになりますね。
じゃあ、それなりの空いている店にいくか、
もしくはお安くすむような特別メニューを用意してもらうことになるんですね。


③初対面の人と仲良く話すスキルが必要です。


添乗ツアーといえば団体行動です。
つまりは同じツアー客に気を遣わねばなりません。
そして大体最初に添乗員さんにこう言われます。
「仲良く譲り合って、そしてぜひ同じテーブルの方とおしゃべりしてみてください。」

そう、人見知りさんが一番つらい時間。必ず食事のテーブルは大人数なのです。
二人だけのテーブルなことなど、ほぼありません。
元も子もない言い方をすれば、赤の他人と相席をし続けることになります。
そして話をして盛り上げなくてはいけません

社交的な方でしたら、どんとこい!と言えるかもしれませんが、
私のような人見知りタイプはこの時間が一番の苦痛だったりするんです…。


④現地の文化と触れ合う機会が持てない


良くも悪くも、すべてガイドが手配をしてくれる添乗ツアー
つまりは現地の人や、暮らしに触れる機会が極端に少なくなります。

一言も英語をしゃべらなくて良い観光ツアーは確かに楽ちんですが、
日本人に囲まれ、日本語を話し、移動はすべてバスとなると、
どうも海外にいるのかどうなのか、わからなくなります。

確かに目に入る光景は日本の景色ではないのですが、
異国にいるという実感は、フリーで動くほうがもっと感じられるかもしれません。



こういう人は添乗付きツアーがオススメ

①海外旅行初経験の人


海外旅行は国内旅行と全然気を付けることも、必要な荷物も違います。
英語でのチェックインはできますか?
電車の切符をかったり、空港まではどういけばいいのでしょう?
現地で助けてくれる人は誰もいません。

そんなとき添乗員がいれば!
まずは添乗員付きで海外の雰囲気を理解してから、フリープランに挑むのがベストでしょう。

もし添乗付きツアーが見つからなかった場合は、
市内観光や送迎プランなどオプションで固めてみるのもアリですよ。


②自分でスケジュールを立てていくのが面倒な人


自分だけで行こうと思うと、どの順番でいく?どこでご飯を食べる?移動方法は?
全て自分で調べる必要があります!!

めんどくさいなー。バスに乗ってるだけで次のとこに行けるのって楽だよね!
ガイドさんから情報教えてもらえるのって良いよね!!
そんな下調べしている時間なんてないよーー。

そんな方は添乗員付きが間違いなく楽ちんです。


③一回でその国のすべてを見たい人


せっかく行くなら、その国の観光名所は網羅したいと思う人。
つまりは周遊を希望する場合は、添乗付きじゃないとしんどいかもしれません。

個人で移動しようとしたら、まず面倒なのはスーツケース。
スーツケースを抱えて在来線に乗って、新幹線に乗って、しんどいですよねー。

でも添乗ツアーならバスのトランクに乗せて運ぶんでもらうだけ
毎日泊まる都市が違うみたいな周遊移動も出来てしまうのが強みじゃないですかね!


③この機会に色んな人とお話したい人


添乗付きツアーの特徴として、色んな職業、色んな世代、
住んでる場所もマチマチの人が集まってきます。

そんな、普段会えないような人とお話ししたい!!
食事は大人数でワイワイしたい!

交友関係を広げたい人は添乗ツアーがオススメ
婚活にもなるかも??(笑)



ツアー会社を選ぶ際のポイント

添乗ツアーはそれこそ大手旅行会社の領分となりますので、
正直どのツアーに乗ってしまっても問題なく旅ができます。

なのでツアーを選ぶときに最重要なのは「どこまでお金を払えるか」の1点です。
当然ですが、高ければ高いほど、良いホテルになり、良いレストランになります。

あとは純粋に旅行の行程や、移動手段などを見比べて決めましょう。
例えば、同じ場所に行くにも飛行機移動なのか、5時間バス移動なのか。
ここら辺でもお値段は変わってきます!

逆に、お金は抑えたい!
食事や移動手段は我慢できるけど、でもある程度の安心と満足の旅行をしたい。
そういう方に私が一番バランスが良いと感じて、周りにオススメしている旅行会社はコチラです。


「阪急交通社 トラピックス」




旅好きさんでは有名なのですが、あまり旅立たない人からしたら結構知らない人が多い旅行会社。
出発地も全国展開されているのですが、「阪急」だけあって大阪以外では知名度がさらに落ちます。


店舗数も少ないのですが、大阪でいうと便利なのが梅田駅阪急百貨店のすぐ横にあったりします。
あーーあるわ!そういえば!ってくらい目につくところにありますよ(笑)

阪急交通社の中でも色んなブランドパッケージツアーがありますが、
オススメなのは”トラピックス” 
ぜひ一度のぞいてみてください!





☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!
是非フォローお願いします❤

twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111



こちらでライターとしてもお世話になっています(^^)/


立ち寄られたついでにぜひともポチッと(^◇^)


にほんブログ村