アルプス三大名峰と中世の街ドイツ9日間⑰

2017/07/14

ドナウ川を渡りロマンティック街道を抜けてきたバスですが、今日の最終目的地に到着しました。
どこかというと、中世の街ローテンブルクです!!!

DSC02766

世界でも有数の観光美観都市!

しかしここで残念な展開。
今回この街に到着したのは夕方16時頃

しかし店が閉まるのは大体どこも18時!!

2時間しかないじゃん!!!

しかも散策ということで1時間半の観光ツアー付きです。
チェックインして、観光して、どう考えても店に間に合いません…。

え、せっかく来たのに、お土産屋さんに入れないの…?
やだ!!!


ってことで、私は最終手段を取りました。

「離団させてもらいまーーす!!!」

じつはあまり知られていませんが、団体ツアーは途中離団というものが可能なのです。
今回のように、今日の午後はパスでーすとか、3日目以降はパスでーす、とか。
旅行会社によって条件は異なりますが、対応してくれる会社はとても多いんですねー。
また後日、専用記事で詳しくご紹介します☆


というわけでホテルに着くなり、ツアーとはサヨナラ~~。

荷物を置くだけですぐダッシュ!

今回のホテルは「ローテンブルガーホフホテル」と言います。
ローテンブルクの城壁外、大きなスーパーマーケットのお向かいになります!
大体歩いて10分強で、城壁内に到着する立地のホテル。

DSC02793

結構有名なホテルみたいです。

お部屋もキレイ!なんと飴が置かれている心遣い!

DSC02754

DSC02795

ドイツ人って、やっぱり日本人に近いところありますよね。
プラスアルファの気配り、まじめな国民性です。


さ!というわけで城壁に向かいましょう!

DSC02755


ドイツには有名な街道が複数ありますが、
その中でも有名な「古城街道」と「ロマンティック街道」の交差点がここ、ローテンブルク。

この周辺の都市は、大体造りが同じです。
教会を真ん中にし、円形に街が作られています。
そして街ごとに防衛が行われ、城壁でぐるっーっと囲まれているわけですね。

そう!進撃の巨人の世界!!!(笑)


DSC02758

DSC02761

まず出迎えてくれる、たかーーーい塔はレーザー門といいます。
税関や門番小屋も残っていて、塔の上に登ったりもできるそうな(^◇^)
こんだけ高いと一望できそうですね!

一歩城壁の中に入ると、そこはおとぎ話の世界でした!

DSC02805

DSC02807

こんなきれいな街並み見たことないですね!!
メルヘン、おとぎ話、グルム童話、すべてしっくりくる素敵な街!

この街で是非楽しんでもらいたいことがあります。
それは、店にかけられた看板。

DSC02764

とっても色んなデザインの看板が掲げられているんです。
そして、この掲げられている看板によって、お店の種類がすぐわかるようになっているんですね。

例えば。

DSC02780

蛇とツボのマークは「薬局」

DSC02809

牛のマークは「お肉屋さん」

DSC02814

プレッツェルのマークは「パン屋さん」!など!

これは何の店かな~と思いながら、街を散策するのが見どころの一つ!

DSC02785

DSC02802

DSC02808

面白いですねーー!!


他にも見どころがあります!!
市の中心にあるのが市庁舎、そしてマルクト広場です。

DSC02788

ここはクリスマス時期には、クリスマスマーケットの会場にもなるらしいですよ!
いつか行きたいな、本場のクリスマスマーケット(*´∇`*)

そして写真右側にある時計塔ですが、からくり時計になっています。

DSC02783


中から出てくるのはジョッキを持った男の人

DSC02783-


実は「マイスタートゥルンク」という史実をもとに作られています。
どんなお話かというと、ドイツが30年戦争というものをやっている最中
ローテンブルクは敵軍に占拠されてしまいます。

敵の将軍が、市の参議員を斬首しようとしたところ、
市長が「私がジョッキに入ったワインの一気飲みをできたら、彼らの命を救ってほしい」と提案しました。
そして彼は見事に飲み干し、街を救ったそうです!

ワインをジョッキでって、なかなかの酒豪ですよね('_')


そして、このローテンブルクで必見なポイントがコチラです。

DSC02812

沢山のメディアで表紙を飾るほど有名な景色「プレーンライン」
二つの道と、奥に見える塔、そして真ん中にある少し傾いた家。
「おとぎ話」を詰め込んだ風景ですね。

このプレーンライン。夜もとっても素敵なので、また次回紹介しますね。

DSC02817


しっかし、なんでこんな傾いた家が出来たんでしょうか。
それは日本と違う、ドイツの土地の特徴がありました。

日本には地震がありますね。
なので、家を作る際は真ん中に一本の柱を立てて、軸にします。

home1

そして2階、3階を作るんで平行に出来上がりますが、
ローデンブルクの場合、地震がありません!

なので、1階という箱を作る。
そしてその上に2階という箱を作るという、積み木のような形で作られているんです。

home2
なので、こんな不揃いな建物が出来上がってしまうんですね。
おもしろーーーい!!!


さ、観光案内はここまでにして、次回はショップ巡りと絶品ディナーです!

今回コチラの旅行会社で旅立ち中!


☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111