どうも、旅がっぱです!!
こう見えて文化史学科卒業生なワタクシですが、世界各国の文化を調べるのが大好き!

そんな私。
実はここ3年ほど、2大ブームが「イスラム教」と「山岳信仰」だったりします。
今回は、私が「イスラム教」に興味を持ったきっかけとなった本を2冊、ご紹介したいと思います。

それはコチラ2冊!

DSC05899

エッセイ : ハムダなおこ著『アラブからこんにちは』
WEBマンガ : ユペチカ著『サトコとナダ』


の2冊です!!!

Part1ではエッセイ本のほうを紹介したいと思います(^^)/

<ハムダなおこ著 『アラブからこんにちは』 >



DSC05896


私がこの本に出会ったのは、「こんなところに日本人」というテレビ番組で、
著者のハムダなおこさんが出演されていたからです。

著者ハムダなおこさんはアラブ首長国連邦(UAE)のうちの一つ、
「ウンム・アル・カイワイン首長国」という国に嫁がれた女性です。

初めてきく国の名前ですよね。
そもそもアラブ首長国連邦が国名じゃないの?
違うんです。

連邦とあるように7つの首長国が、同盟を結んでいる連邦国家をUAEというんですね。
全然知りませんでしたー!

そもそも、アラブの生活って、ご存知ですか?

・砂漠の国である
・女性が布をかぶっている
・お金持ち

他ってなんだろう…?
あれ?全然想像できない。

どんな家に住んでるんの?
イスラム教徒が多いけど、女性はいつも何をしているの?
学校とか、仕事とか、どうしてるの??


知らないことばかりです。

気温が50度にもなる国で、人々はどう生活しているのか。
イスラム教徒の人々は、どういう気持ちで布をまとっているのか。

そういったアラブの人の身近な生活が、彼女の異文化体験談として紹介されているエッセイ本です。
書いてる女性が結構キャラの強い女性なので、そこも面白いポイントかな。

「著者vsイスラム文化」⇒不合理なことばっか!でもこの人たちは不合理さなんて気にしてない?
「著者vsアラブ気候」⇒サンルームが暑さで溶けるって何事!?


そんな感じの奮闘記録です。

アラブからこんにちは
ハムダなおこ
国書刊行会
2013-06-25



エッセイなので軽く読め、それでいてアラブの生活に興味を持てる”入門”としては最適な本じゃないでしょうか!


ハムダなおこ著『アラブからこんにちは』(平成25年6月出版)より

「真夏の気温は五十度、湿気は八十%を超え、熱風が街を普通に流れている、海水は風呂のように熱い。
 そんな過酷な自然の中で、果たして人間が人間らしく生きているのかと不思議に思うでしょう。
 でも世界にはあらゆる地域があり、あらゆる条件のもとに生活しています。」(P1より)

「湾岸中東の人々はとても情に厚く、深い寛容を持っています。
人間を鋭く観察し、一度信頼した相手とは強い絆を持ちます。
過酷な自然や運命を受け入れる覚悟を持ちあわせ、
イスラームの戒律を守り、神を畏れ感謝して生きていきます。
そうしたアラブの知られざる日常生活を、二十年余を過ごしてきたひとりの日本人として、
読者の皆様に紹介できれば本望です。」(P3より)



☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111