どうも、旅がっぱです!!
今回は「オプショナルツアー」の選び方についてご紹介したいと思います。

fax-1904644_1280

こんな時はオプショナルツアーを申し込もう!

海外旅行に行く際に、まずぶつかる壁は
「フリープラン」でいこうか、「添乗ツアー」でいこうかの2点だと思われます。

団体行動が苦手だから、添乗付きツアーは嫌なんだけど、でも空港からホテルまで自信ないなー。
ここも行きたいけど、郊外だから自力で行くのは心配かも…。
そんな不安にかられることありますよね。

だったら諦めて団体ツアーにしよっかな?と思うじゃないですか。
でも、「自力で不安なところ」だけ申し込めるポイントツアーが世の中にはあるんです!
こういうのを、オプションとかオプショナルツアーとか言いますね。(略してOP)

旅行は「完全に自力か」「すべて団体行動か」の二極端ではないんですね。
ここだけツアー、ここはフリー。
そんなカスタマイズを可能にするのが「オプショナルツアー」です。


旅行会社で申し込むのは損??

よくフリープランのツアーちらしを見ていると「(OP)半日観光」とか書いてありませんか?
旅行会社も「旅行客がどこに不安を感じているか」というのをリサーチしていますので
非常に都合のよい「半日観光」とか「送迎プラン」とかを、プランニングしてくるんですね。

窓口のお姉さんに質問したらおすすめしてくれるし、付けないのも不安だから付けとくかー。
と、ついつい一緒に申し込んでしまう人、多いんじゃないでしょうか。

でもよく考えてください。
本当にそれは100%希望通りの内容ですか??

当たり前ですが、窓口のお姉さんが紹介してくれるのは自社ツアーだけ。
でも他社がもっとリーズナブルで、もっと希望通りのツアーを出しているかもしれません。

オプショナルツアーはメインツアーを申し込んだ人だけの特権じゃないんです。
別にオプションだけ違う会社で頼むのも全然OK。
委託先の現地ツアー会社は同じでも、窓口の会社次第で値段が上下することもザラです。

申し込むのはもっと良いプランがないか、他を確認してからでも遅くないですよ!


どんなオプショナルツアーがあるの??

そもそも、どんなことがオプショナルツアーでカバーしてくれるのでしょうか。
結論でいうと大体あります!!が、それは適当すぎるので、
一般的なものを簡単にご紹介しましょう。

①空港⇔ホテル 送迎プラン

ツアーちらしでも良く見かけますね。送迎プランです。
旅行会社で申し込むと、たくさんのホテルを回ることになったり、免税店によることが必須だったり。
ちょっと面倒な時、ありますよね。

でも現地ツアーの場合「車チャーター」とかも出来たりします!!
時間を節約したい場合はとっても便利。

②有名観光地案内

「半日観光」ももちろんありますし、ピンポイントに1か所だけのものも、たくさんあります。
つまり「庭園+宮殿」のツアーにするのか、「宮殿だけ」のツアーにするのか選べるわけです。
自分だけじゃ行けない、自信がない場合、その場所分だけ申し込むのが便利!

有名観光地だけじゃなくて、「ロケ地巡り」のように特化している物もあるので面白いかも。

③宿泊ツアー

なんと1泊2日のように、宿付き宿泊ツアーも出ていたりします。
日帰りはできない距離だけど、メインツアーのホテルを1泊捨てても行きたい場合ってありますよね?
そんな時は1泊分だけ、このツアーを申し込んでしまう手があります!
観光付きのものも、移動と宿だけのものと色々タイプがありますよ(*´∇`*)

④現地アクティビティーやチケット手配

ミュージカルを見に行きたいけど、チケットの買い方がわかんない!
スキューバしたいけど、申し込む方法がわかんない!
そういう時に予約を代行してくれます。
手数料はかかりますが、確実性には代えられませんよね。

新幹線や寝台特急のチケット予約代行もあったりしますよ。

⑤ディナークルーズやバル巡りツアー

食事に困ったとき、ディナークルーズで豪華に行きたいとき。
他にも現地の人に溶け込んだ食事がしたいとき。
そんな食事に特化したツアーもたくさん催行されています!


オプショナルツアー専門店「VELTRA(ベルトラ)」

そんなオプショナルツアーですが、
私がとても良く利用しているのが、コチラのOPツアー専門の会社「ベルトラ」です。
海外に限らず、日本国内のツアーまで。
色々な現地ツアー会社を取りまとめ、業界最安値!を売りにしている会社です。

VELTRA

日本人も多く利用していて、体験談を読むことで雰囲気がつかめるのでわかりやすいです。
ツアーバリエーションも本当に豊富で、大体ここにあるものでカバーできるんじゃないでしょうか。
催行の多くは現地会社になりますが、中にはHISのツアーも掲載されていたりします。

申込にインターネットが必要なため、利用者は割と若者が多め。
バックパッカーも利用することがあったり、ちょっと普通の団体ツアーとは違う雰囲気ですね。
大人数の催行が少ないのも気軽!

気を付けたいのが、送迎だけの場合「英語ドライバー」のときがあります。
日本語じゃないと嫌!ということなら、説明文や体験談に記載があるかをしっかり読み込むことがオススメ。

是非ステキな旅をカスタマイズしてみてください(*´∇`*)


こちらの記事もオススメですよー。






☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111