どうも、旅がっぱです!

お正月までのカウントダウンがはじまりましたね。
今日で仕事納めという人も、多いのではないでしょうか。

お正月といえば、楽しみなのが「お雑煮」ですね。
作ろうと思えば作れるのに、なぜか正月にしか食べられないイメージのあるお雑煮。
そして、お雑煮といえば話題になるのは「家のお雑煮の種類は?」ですよね!

でも、そもそもどうして地域差が出来たのでしょうか?
地域名産のものが使われているのはわかるのですが、餅の形なんてどうしてわかれたのでしょう。


今日はそんなお雑煮の起源に迫っていきたいと思います!


ちなみに、我が家のお雑煮は、白みその焼き丸もちです❤


96952466c511aede1607b41b6c7f1222_s






お雑煮の起源は?

お雑煮は古く、室町時代にはすでに食べられていたそうです。

元々雑煮は、武士の間で食べられていた宴会料理の最初を飾るものでした。
宴会の最初を飾る、縁起の良い食べ物ということで、
徐々にお正月に食べられるようになったという説があります。

そして雑煮は神様に感謝して食べる食事でもあります。

大晦日・正月と、神様に奉納した餅・里芋・人参・大根などを頂戴し、
今年一番最初に汲んだ水で、今年一番最初の火で炊くお料理。
これだけでも、いかに新年を祝う重要な食事だったか分かりますね。

ちなみに、お正月の時によく使う、両方が細くなっている祝箸。
これは片方を人間が、片方は神様が使うために両方が細くなっているそうな。

こんなことを聞いたら、とりわけの際にひっくり返して使うのがご法度な気がしてきますね!

ちなみに正しい祝箸の使い方は、袋に家長が名前を記載し、
使用したら洗い清め、神棚へ。
そして1/7まで同じお箸を使うのが本来の姿だそうですよ!



お雑煮の地域差

ちなみに「雑煮」という名前からもわかるように、
雑煮は、その地域の産物を「雑多に煮込んだ料理」というのが名前の由来です。

一年の収穫に感謝し食べることも、お雑煮の大切な文化の一つだったそうな。
そのため、各地で様々な具材が使用されています。

ただ、実は北海道と沖縄には、お雑煮を食べるという文化がないんですね。
何故なら、沖縄は琉球王国、北海道はアイヌ国と、
それぞれ近代まで日本文化とは違う生活を送っていたから。

とはいえ、本州の中でもご存知の通り、たくさんの地域差が存在しますね。

代表的なベースの味と、お餅についてご紹介しますね!


餅の形が違う理由は?

あなたの家では、丸餅か角餅ですか?
お餅の形は実はわかりやすく東西で二分されるんです。

もち


お餅に限らず、色んな風習がこのラインを境目にわかるパターンが多いです。
このラインが出来上がるのに、天下分け目「関ケ原の戦い」が大きな影響を与えているとも言われています。

ではなぜ東は角餅で、西は丸餅なのでしょうか?

◎西は、なぜ丸餅?

お雑煮は実は京都が発祥の地
そのため本来は丸餅がはじまりと言われています。

京都のお雑煮はすべての素材の角を落とし、「角が立たないように」を意識しているそうです。
そして丸い形が、「円満にすごす」の円を表しているそうな。
縁起を大切にする京文化ならではですね。

◎東は、なぜ角餅?

角餅は別名切り餅ともいいます。

この切り餅文化は、江戸時代から始まりました。
その大きな理由は、江戸の街の人口増加!
丸くこねる丸餅より、一本の板餅を切っていく角餅のほうが、量産に向いていたわけです。

また板のように四角くした餅のことを「のし餅」といい、「敵をのす」という語呂合わせの良さから
武士の間で好まれたことも、大きな要因のひとつですね。

焼く地域と、焼かない地域の違いは?

実は角餅は焼く、丸餅は煮るというのが、一番オーソドックスなパターン。
これも、それぞれのお餅が出来た経緯によるものが大きいんです。

京都の丸餅は、その場でついて丸める餅なので柔らかいから、あとは煮るだけ。

大量生産の江戸角餅では、手元に来るころには硬くなっていることも。
そのため焼いて柔らかくしたことは始まりだそうです。

 

なぜ関西は白みそ?

お雑煮マップ


全国で多数を占めるのは、一目瞭然、すまし汁のお雑煮なんです。
しかし京都を含む近畿では、白みそのお雑煮が一般的に食べられています。

では何故近畿だけ白みそなんでしょうか?

◎近畿が白みそな理由


お餅のところでもご紹介しましたが、お雑煮は京都が発祥。
そして京都で何より重要なのが縁起。そして神様への崇敬です。

何故白みそなのか。それは神様が好む色だから。
そして神様は生臭いものを嫌うので、出汁も昆布でとるだけとなったわけですね。

また贅沢するのは厭らしいと思った京都の人は
具が豊富だと目についてしまうので、バレにくい味噌を高級なものにして楽しんだそうです。

◎ほかの地域がすまし汁な理由


京都の対抗勢力、江戸は武士のまちですね。

そんな武士は「みそがつく(失敗する)」といった意味を連想する味噌を、
縁起の良い食べ物とは思いませんでした。
そのため、独自にすまし汁でお雑煮を作ったといわれています。

他にも醤油の産地、銚子が近かったからとか諸説あるそうですよ。


 

全国の変り雑煮をご紹介

そんなお雑煮ですが、何も京都と江戸の2パターンだけではありません!
伝わった地方で独特の進化を遂げたお雑煮もたくさん!

※画像はすべてお雑煮研究所さんよりお借りしました。

◎岩手県

お雑煮自体は普通のすまし汁ですが、お餅をくるみのタレにつけて食べるお雑煮。

31731

◎奈良県

同じつけるタイプとしては、奈良はきなこをつけて食べます!
しかし味は白みそ味になります。

3263B_R

◎香川

香川のお餅はなんとあんこ入り!
味は関西風の白味噌仕立てですね!

3066_R

◎島根

お雑煮MAPで「あずきとは?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、
それがこちら!

28025_03


ビジュアルは完全におしるこですね!!
まる餅の代わりにトチ餅をいれることでも有名です。


いかがだったでしょう。
今は結婚や転勤などで、明確な差は薄れてきていますが
自分の家のお雑煮のルーツがどこにあるのか、意識して食べてみるのも面白いですね!


こちらも、あわせてどうぞ!




☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111

スポンサードリンク