どうも、旅がっぱです!

ついに今年も残すところ、あと二日になりましたね。
大半の人は今日からの正月休みを満喫しているんではないでしょうか。

日本では大体、年末年始とは5日間程のおやすみ。
家族で過ごしたり、帰省したりする方も多いのではないでしょうか。

では日本以外の国では、どのようなお正月を過ごしているのか。
今回は「世界のお正月」についてご紹介します!

osn0025-049






世界にお正月休みはない!?

日本では当然のようにお正月周辺は長期休暇がありますが、
実は海外、とくに欧米では正月休みというものはありません!!

1/1はさすがに休日ですが、1/2から仕事が始まるなんてところも少なくはないんですね。

欧米人は休みが少なくてかわいそう…。
いえ、そんなことありません!!
何故なら、彼らには「クリスマス休暇」があるから!!!!!

正月休みはないけど、クリスマス休暇はなんと国によっては
12/25~1/6の12日間もある国だってあるんですね。

キリスト教社会では「正月<クリスマス」なわけです。

くわしくはコチラをどうぞ

 

世界のお正月の過ごし方

休暇がないとはいえ、世界でも新年を迎えるのは特別な行事。

クリスマスは友達と、正月は家族との日本とは真逆で
海外ではお正月はカウントダウンイベントをしたり、お祭りが行われたりします。

そんな独特な世界の正月の過ごし方をご紹介しますね。

◎デンマーク

なんとデンマークでは、新年に人様の家に向かって皿をたたき割る風習があります。
そのためデンマークに人はいらなくなったお皿を1年ためておくんだそうな。

別に嫌がらせがしたいわけではなく、お皿を割ることが祝福の象徴だそうです。
そのため沢山のお皿の破片が落ちている家の人は、人望が厚いってことなんですね。

うかつに踏んだら怪我しそうですよね!

◎アメリカ

アメリカでは、なんと新年を迎える瞬間にキスをするんだそうな!
年をまたいで行うキスは、あらゆる悪を払う力があるそうです。

恋人や家族が近くにいない人はハグでもOK!
カウントダウンの映像で、やったらアメリカンがハグをしているのはそういう理由だったんですね。

◎プエルトルコ

プエルトルコではお皿以上のはた迷惑です。
なんと大掃除の際に使った水を、窓から投げ捨てるんだそうな。

旧年を洗い流し、邪気を浄化する意味を持って水を捨てるそうですが
お正月は窓際を歩かないほうがよさそうですね。

◎ブラジル

ブラジルではお正月のころは真夏。
ブラジルの人たちは、カウントダウンが始まると白い服を着て海岸に集まるそうです。

そしてキャンドルを海に流して新年の平和をお祈りします。
なんだか日本の灯篭流しみたいですね。

◎タイ

タイではお正月がなんと3回あります!
中国系の人が祝う旧正月と、タイの旧正月ソンクラーンです。
その中でも1/1は一番盛り上がらないお正月なんだって。

ソンクラーンは4月13~15日に行われ、仏像や家族を清めるために
大量の水を掛けまくるというイベントが行われます!

Songkran_012

◎ルーマニア

ルーマニアでは、なんと本物のくまの着ぐるみを着てパレードする風習があります。

歌や踊りで、悪い物を追い払って、新しく迎える年を祝福する意味があるそうな。
日本でいう獅子舞と似たような感覚ですね。

114


◎エクアドル

エクアドルでは年末になると、紙と古い服で作った人形を家の前に飾ります。
この人形の名前は「アニョ・ビエホ」。旧年という意味だそうです。

そして新年を迎えた0時に、その人形を一気に焼いてしまうんですね!
人型な人形が一気に焼かれる姿はちょっと独特…。
中には上司に似てる人形を作って燃やす人も!過激!

◎スペイン

スペインや、ラテンアメリカなど旧スペイン領だった多くの国ではシャンパンで新年をお祝いしますが、
一部の地域では、ある食べ物を大晦日に食べる習慣があります。
それはブドウ🍇

なんと新年12か月分の祝福を祈り、
カウントダウンにあわせて12粒を12秒で食べきらないといけないそうです。
大きさによりますけど、結構大変ですよね。



日本の特殊なお正月

不思議な文化を持っているのは、何も海外だけではありませんよ!!!

実は、日本の中でも北海道と沖縄は、お雑煮を食べるという文化がなかったり、
独自のお正月風習をもっているんですね。


それもそのはず。
北海道はアイヌ、沖縄は琉球王国が近代まで治めていたから。
それに海をまたぐため、文化がいきわたらなかったり、逆に昔の伝統が残っていたりするからです。

ではこの地方ではどのようなお正月を過ごすのでしょうか。


お雑煮についてはコチラをどうぞ
⇒「あなたの家は「白みそ?おすまし?」「角餅?丸餅?」お雑煮の地域差はなぜうまれたの!?

◎北海道のお正月

北海道では「口取り菓子」という独特なお菓子を、お正月に食べます。

これはおせち料理を和菓子で再現した食べ物ですが、
何故なら北の地北海道では、おせち料理の材料が手に入らなかったからお菓子で代用したんですね。

口取り


また、北海道では大晦日からおせち料理を食べます。
これを「年取り膳」というのですが、なぜフライングして食べるのか。

実は旧暦を意識しているんです。
旧暦は日没で日付が変わる考え方をもった暦。
そのため、12/31の日没後はもうお正月!なので北海道では盛大に大晦日の晩の食事をいただくわけです!

◎沖縄のお正月

沖縄では、なんと正月が3回あります!

まず1/1、それから旧正月にあたる1/12。
そして、沖縄の人の信じるあの世(グソー)の正月が2/12。
グソーの正月は先祖を供養し、ともにお祝いする日になります。

そして沖縄ではおせち料理を食べません。
代わりに中身汁(豚の内臓の澄まし汁)がふるまわれるそうです。

山将オリジナル中味汁(1人前)豚ホルモン(モツ)中身汁 ご飯のお供 おかず
山将オリジナル(1人前)豚ホルモン(モツ)中身汁 


日本とは違う独特の文化ですね!



年末年始の大型休暇で、海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか。
せっかくなので海外のNew Yearを是非楽しんできてください!

ただ、知らずにいるとお皿や水が飛んでくることもあるので
くれぐれもお気を付けくださいね。


ちなみに世界では日本の除夜の鐘も、立派な珍正月風景だそうな(笑)
由来を知ろう!除夜の鐘はいつから?108の理由と歴史!

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111

スポンサードリンク