★2018年初詣はお伊勢さんへ!

2018/01/07

あけましておめでとうございますー!
今回は三連休を利用して、、と言っても日帰りなんですが、伊勢神宮へ参拝に行ってきました。

たまたま今年は、三が日で初詣に行くタイミングがなく、
贅沢にも伊勢神宮で初詣となったわけです!

とはいえ、初詣時期の年始に、かつ三連休の中日と
下手したら伊勢が一番混んでいるのではないかという時期に切り込んだわけですが!!!


まぁ、すごい人でしたよ(笑)


どうぞ、来年の初詣に伊勢を狙っている方は、ご参考ください!
これから行く人はもう空いてると思うので、ヤバイ時期がどんなもんか見ていただければと思います(笑)


というわけで、移動は安定の近鉄特急!!!
今はネットでチケットの購入もできるんですね。
駅に行かなくてもいいので楽ちん❤

この時期だけあって、人気のありそうな便は前夜ですでにいっぱい!!
なので、当日券は不可能に近いです!必ず事前にチケット購入しましょう。

⇒近鉄特急のオンライン購入はこちらからどうぞ


「鶴橋」駅から、「伊勢市」駅まで乗車しました。
特急券が片道1320円になりますねー。
乗車券で1800円かな?

8:13という中々に朝早い特急に乗り、伊勢市到着は9:54。

やっぱり神社は朝に行かなきゃねー!と早めに家を出たのですが、、
到着10時だからそこまで早くないかもね('_')

(ちなみに移動中は大爆睡でございました)


伊勢神宮 外宮

伊勢神宮に外宮と内宮があるのは、割と有名な話ですね。
ちなみに読み方は、外宮(げくう)と内宮(ないくう)と読みます。
ナイグウじゃないんだね!

そんな二つのお宮がある伊勢神宮ですが、参拝はまずは外宮からお参りするのが正式。

伊勢神宮の詳しいお話はコチラをご覧ください✌
「徹底解説!伊勢神宮はこんな神社。正式名称と参拝のルール」

というわけで、伊勢神宮外宮は「伊勢市駅」から徒歩5分ほど参道を歩いたところにあります。

DSC06409

既に観光客がいっぱいですよ!
さすがは初詣時期、外宮でこれだから、内宮はどうなってるのやら(ノ△T)

テクテク参道を歩いていきます。
JR側の改札を出たら、すぐ目の前に鳥居があるので、あとは真っすぐ!わかりやすい!

朝10時ということもあって、参道のお店はまだあいてませんでした。
仕方ないよねー。
そんななか、赤福だけはしっかり商売していたけど!!!
めっちゃいい匂いする、おなかすいたーーーー

外宮に到着すると、いつもどうしても目を奪われてしまうのが
この巨大な灯篭。

DSC06413

DSC06415

横断歩道を渡ったところにどーんと二つあります!

神社の聖域は鳥居をくぐったところからってよく言いますが、
外宮はなんだか、この灯篭をくぐったところから始まるような気がしてならない…。


そんな外宮の正式名称はコチラ、「豊受大神宮」になります。

DSC06417

簡単に言うと、祭神の豊受大御神は、衣食など食事をつかさどる神様で、
天照大御神の料理番を担当されているそうな。

農家や飲食系の方には、内宮よりも外宮のほうが向いているかもしれないですね。

外宮は入って左側にて手水舎がありますので、左側通行になっています!

DSC06418

それではお清めもしたし、境内へ入っていきましょう。
参拝順も、ちゃんとやったつもりなので是非参考にしてください!

①正宮

まずは主祭神である豊受大御神が祀られている正宮へ。

DSC06423

境内をまっすぐ進んでいった奥にあります。
この鳥居の中は撮影禁止なので、外からパシャリ。

気を付けたいのが、伊勢神宮正宮では個人的なお願いは控えて、
日ごろの感謝を述べるようにしましょうね。

中々の人ですが、真ん中が混んでいるだけで、左右に広がれば待たずに参拝できました。
左右にも賽銭箱がもうけられていますし、
お伊勢さんは祭壇のないお宮なので、多少横からになっても問題ありません!
真正面にこだわらない人は、少し横からご参拝してもよいですよー。

そして、前回全然意識しなかったのですが、正宮の隣に広い区画がありました。

DSC06424

DSC06428

この注連縄で囲まれた場所がなんなのか。


実はここ。
もともとの拝殿があった場所!


そう、遷宮でこの場所から、今の左隣に拝殿が動かしたんですね。
こうして伊勢神宮では、左右左右と交互に拝殿を引っ越しさせています。

こうした跡地のことを「古殿地(こでんち)」と呼ばれていて、
その真ん中に、旧正宮の中央部分にある床下の柱だった「心御柱」を納めている覆屋があります。

何もない更地なんですが、なんだか神聖な気が漂っているような感じ…。
不思議だなぁー。


②多賀宮(たかのみや)


さぁ、次にお参りするのが主祭神「豊受大御神」の荒御魂を祀っている多賀宮です。
この多賀宮は、正宮と反対側の、階段を上ったところにあります。
高いところにあるから、もともとは「高宮」って書いてたそうですよ。

この階段がまた98段あって、結構大変。
でも歩幅的にまだ歩きやすい高さかな。
足の悪い人用に、階段下(池の前かな)に遥拝所も作られていました。

外宮で一番のパワースポットと言われており、山の上から外宮を見下ろすように建っています。
新しいことを始めるときにお願いするのが良いとされているお宮だそうな。

DSC06433

石段の途中から参拝列が始まっていた感じです…。
そのためちゃんとした写真が撮れなくて申し訳ないですが!

でも基本的な造りは、どのお宮も一緒でした。
そしてここでもお宮の横に古殿地があります。
正宮以外もお引越しするんだねー。

③土宮(つちのみや)

基本は同じ方向を向いている拝殿ですが、このお宮だけは唯一東向きに建てられています。
何故なら正宮にお尻を向けてしまうことになるからだそうな。

DSC06429

祀っている神様は「大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)」
この神様は、外宮の土地をまとっている土地神様だそうです。


④風宮(かぜのみや)

DSC06431

ようやく拝殿がわかるように撮れました!!
どの宮もすべてこんな形をしています。

それにしても列が、、列が、、
正月の伊勢神宮恐るべし(ノ△T)

こちらのお宮は風を司る神様「級長津彦命」と「級長戸辺命」という神様を祀っています。
航海安全や、農業にゆかりのある風と雨を司っている神様ですが、
元寇の際に神風を起こしたといわれており、その神威を認められ社から別宮に昇格したといわれています。

元寇の神風が、まさかこんなところに絡んでくるとは!



お宮参りはこんな感じかな。

他にも神事が行われる「三ツ石」や

DSC06421

御池など。

DSC06437

内宮に比べて、だいぶ敷地面積が小さい外宮。

今日はだいぶ人が多いですが、普段は内宮ほど混みあうこともすくないので
ゆっくり参拝するのは良い神社かなー。まったりできます。

ちなみにお守りは、内宮も外宮も同じものが置いてあるので、
混雑を避けるために外宮でいただくのもアリです!

御朱印はお守りと同じく、神楽殿でいただけます。

DSC06586-3

なかなか見ないドシンプルな御朱印ですよね!!!
こんなところも媚びないのが、さすが伊勢神宮。


伊勢神宮 外宮
http://www.isejingu.or.jp/index.html

🏠伊勢市豊川町
☎0596-24-1111
⏰5時~18時(季節により異なります)
㊡なし 💰無料 🅿無料



☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111

スポンサードリンク