★2018年初詣はお伊勢さんへ!

2018/01/07

外宮のお参りが終わったので、次は内宮へ!

外宮記事はコチラ




内宮と外宮は、歩いていくと50分くらいかかってしまうので、
移動手段としてはバスかタクシーがおすすめです。

観光地料金なのかタクシーだと到着は早いのですが、1000円以上かかってしまうので
急がないのであればバスがオススメ!

外宮の真ん前にバスロータリーがありますので、ここから内宮行きのバスに乗ることができます!
路線バス2種類に観光バス1種類、どれに乗っても到着します!が。。

さすが正月シーズン、すさまじい人の列('_')


DSC06439

ずらーーーっと列ができていました…。

臨時バスももちろん走ってるんだけどね!!
列に並ぶこと30分、ようやくバスに乗車(ノ△T)

ちなみにバス料金は430円と中々にお高い…。
あらゆるICカードの使用がOKでしたー。

ガイドブックによると10分~20分ほどで到着とあったんですが、
臨時直行バスにも関わらず、内宮に到着が30分かかりました。

それもそのはず、市内から混んでいる上に、内宮参道の道路が大渋滞!!
バスのみ専用レーンを設けて通していたにも関わらず、すごく混んでいたので
これタクシーや自家用車で向かっていたら、到着すら難しかったんじゃなかろうか…。



伊勢神宮 内宮 * 前編


とまぁ、なんとか無事に到着した内宮はコチラ

DSC06440

やっぱり普段に比べて人が多いですよねー!
それでも境内はとっても広いので、イモ洗い状態というわけではなかったです。

それでは鳥居をくぐって中へ。
この宇治橋は天皇家だけが車で入ることを許されている橋だそうです。
むしろ車渡れたんだ…すごい、丈夫…。

あとは橋を渡って右側の正宮への参道を進んでいきます。

DSC06443

この庭園に日本国旗が掲げられているのは、ご存知でした?
海外だと良く見る国旗も、日本だとあまり見かけることも少なくて
そんなところからも、伊勢神宮ってやっぱり国を代表する神社なんだなってしみじみ思います。

この奥に実は大正天皇が手植えした松なんかもあります!
案内板はないんだけど、囲いがされている松がそれなので見つけてください~

他に参道の見どころというと、ひそかに日本酒大好きな私がよく見てしまうのが、
この奉納された樽酒たち。

DSC06446

DSC06448

三重県産の地酒だけでこーーんなにあるんですね!すごい!!
以前三重に旅行に来た時に飲み比べとかもしましたけど
やっぱり日本酒っておいしい~♡

その時の旅行記はコチラ


〇御手洗場

まっすぐ参道を抜けていくと、右手に手水舎が現れますが、
さらにその奥に五十鈴川の河原が見えてきます。

DSC06452


本来はこの河原が、体を清める御手洗場だったんですね。

いつ行っても驚くほどキレイな河。
私はひそかにこの御手洗場が伊勢神宮で一番好きな場所かもしれません。

水音も相まって、すごい清らかな空気が流れている気がするんだよなー。


DSC06450

DSC06453

DSC06454

夏でもひんやり冷たい川の水は、心が引き締まりますよ!!

ちなみに石畳は、徳川綱吉のお母さん桂昌院の寄贈だそうな。
松といい、案内がない中こそっとビックネームが潜んでるのが、すごいぞ伊勢神宮。


〇瀧祭神(たきまつりのかみ)


そんな御手洗場のすぐ横、本道から少しそれたところにあるお社には
「瀧祭神」が祀られています。

DSC06458

こちらは五十鈴川の守り神、治水の神様が祀られています。
五十鈴川で汲んだ水をこちらに供え、持ち帰ってから神棚に飾ると無病息災のご利益があるそうな。

社殿はなく、小さな囲いがあるだけの、ちいさなお社です。


再び参道に戻る進んでくと、目の前に鳥居と神楽殿が見えてきました。

DSC06459

左側にうっすら見えるのが神楽殿です。
帰りもここを通ることになるので、寄るのは参拝のあとにしました!
なんとなく、気分的にね?

正宮が近づいてくればくるほど、木がうっそうとして、なんだか神域に入ってきたような感じがあります。

DSC06460

こんだけ人が多くても、それを感じさせる伊勢神宮のパワーってすごいな。

〇正宮


しばし進むと、ついに伊勢神宮内宮の正宮に到着。

DSC06463

石段の上にある鳥居は良くテレビで見かける光景ですね。

写真撮影はこの石段の下からのみOKです。
階段を上り、鳥居をくぐったら聖域です。
写真はやっぱり慎みましょう。

余談ですが、この伊勢神宮ではあまり注連縄を見かけません。

DSC04605

↑こういうロープに紙がぶら下がっているやつね。

代わりに柱に榊(さかき)という、木の枝に紙を付けたものが添えられています。
どちらも意味は同じで、ここからは聖域ですという意味ですよー。

この正宮では、「天照大御神」が祀られています。
天皇家の子孫といわれ、紀元前から変わらずここで祀られている姿は
ちょっと神話の入り口を覗いたような不思議な感覚になるお宮です。

ここで注意なのは、お参りの際にお願いごとは極力しないほうがよいということ!!
詳しくはコチラをご覧ください。


お参りが終わった人は左右の出口から帰ることになるのですが、
この出口、右側がオススメ!!
何故なら右側から出るとぐるーーーっと古殿地を回ることができるからです!!

DSC06465

古殿地というのは、遷宮前にお宮が立っていた場所。
旧正宮跡地になります。

この跡地をぐるっと迂回して帰ることになる右側の出口。
歩くのが嫌な方は左側から出ても、もちろんOKなんですが
古殿地を挟んで見る、社殿の横顔も中々にいいですよ。

お参り客でごったがえしてない分、穴場かもしれません!
ゆっくり神様に心馳せられます。

DSC06468

DSC06469



さて正宮の参拝も終わりましたし、これから外宮と同じく境内にあるお宮にお参りしにいこうかと思います。
沢山お宮があるので、ちょっと2回に分けて内宮紹介させてもらいますね!
伊勢神宮内で一番のパワースポットと呼ばれるお宮にも行ってきました(*´∇`*)

是非後編もご覧くださいー!

☆*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*゜*:.。.:*☆

更新報告やリアルタイム更新もしてます!是非フォローお願いします❤
twitter : @kappp_travel
Instagram: @xxakiraxx111

スポンサードリンク